タイムカードによる勤怠管理は時代遅れなのか

main-img

タイムカードによる勤怠管理は、今後は減っていくと予想されています。

その理由として、クラウド上で簡単に勤怠管理ができるようになっていることがあげられます。


クラウドならば、特にソフトを購入する必要もなく、コストについても、月額200円程度ですむこともあります。

タイムカードによる勤怠管理は、不正が用意であるという問題点があります。

例えば、遅刻をしてきた友人のために、他人がタイムカードを時間内に打刻するということもできます。
また、仕事が終わったあとにテレビを見たり、同僚とおしゃべりをしたりしていて、打刻が遅れていた場合でも、残業代の請求が認められてしまったというケースもあるようです。
裁判ではタイムカードは証拠となりますが、きちんと管理をしていない企業にとっては、リスクとなります。
勤怠管理システムは、コストパフォーマンスが悪いというイメージがありますが、実はコスト面でもメリットがあります。

@niftyニュースの検索がとっても楽になりました。

タイムカードを集計・確認するためには、100人規模の会社ならば2人のスタッフでまる2日作業をしなければならないでしょう。
システムを導入すれば、コンピューターが一瞬で集計してくれますし、ミスもありません。



あえて問題点を言うなら、システムを導入するためには、ITへの理解が必要だということです。



基礎的なIT知識を持っている人でないと、そのメリットを正しく理解することは難しく、導入のためのハードルとなります。
IT教育が重要になってくるでしょう。

関連リンク

subpage01

タイムカードによる勤怠管理は時代遅れなのか

タイムカードによる勤怠管理は、今後は減っていくと予想されています。その理由として、クラウド上で簡単に勤怠管理ができるようになっていることがあげられます。...

more
subpage02

勤怠管理とタイムカードについて

勤怠管理というのは、会社や店舗などで働いている人の就労状況を見てわかるようにすることから始まります。一般的には出勤するべき日なのか休みの日なのかカレンダーがあり、出勤するべき日に何時に出勤して何時に退勤したか記録をする事になります。...

more