勤怠管理にもタイムレコーダー

main-img

勤怠管理は従業員ごとに勤務日数や時間数を計算する必要もあり、とても面倒な作業なのです。


これまではタイムカードという紙製のカードに時刻を記録して、日々の時間数を計算して、1ヶ月分の集計をして勤務日数や時間数を計算する必要がありました。しかし最近のタイムレコーダーはいろいろな機能が付加されて時間集計ができるもの、ネットワークを経由してパソコンや勤怠管理システムなどで勤務状況を確認できるようになるなどとても便利になってきているのです。

タイムレコーダーの中には紙製のタイムカードでも時間数を計算できるものもあります。



毎日の時間数と毎月の実績を集計することができるもので、出勤と退勤の打刻をすると自動的に勤務時間が計算されて印字されるというものがあります。

エキサイトニュース情報のご紹介です。

遅刻や早退の時間数も計算することができ、時間帯によって残業時間数の計算にも対応することができるというものです。
最近ではICカードを使用したタイムレコーダーもあり、ネットワークを通じてパソコンに打刻データを受け渡すことができるのです。

打刻データがあれば時間数など自動的に計算することもでき、勤怠管理システム側で時間設定をしておくことで残業時間なども自動的に計算することができます。



このような勤怠管理を行う必要がある、給与計算を行うために必要な勤怠情報をタイムレコーダーで収集することができ、簡易なタイムカードを利用する方法やより拡張的にシステムと連携することができるタイムレコーダーがあります。


関連リンク

subpage01

タイムカードによる勤怠管理は時代遅れなのか

タイムカードによる勤怠管理は、今後は減っていくと予想されています。その理由として、クラウド上で簡単に勤怠管理ができるようになっていることがあげられます。...

more
subpage02

勤怠管理とタイムカードについて

勤怠管理というのは、会社や店舗などで働いている人の就労状況を見てわかるようにすることから始まります。一般的には出勤するべき日なのか休みの日なのかカレンダーがあり、出勤するべき日に何時に出勤して何時に退勤したか記録をする事になります。...

more