勤怠管理とタイムカードについて

main-img

勤怠管理というのは、会社や店舗などで働いている人の就労状況を見てわかるようにすることから始まります。

一般的には出勤するべき日なのか休みの日なのかカレンダーがあり、出勤するべき日に何時に出勤して何時に退勤したか記録をする事になります。簡単に記録できる方法としてタイムカードがあります。

これは紙でできたタイムカードをタイムレコーダに差し込んでその時の時刻を記録します。
簡単に記録することができるのですが 、記録するのは出勤と退勤の時刻なので勤務時間を計算しなければならないのです。



休憩時間があればその時間を差し引いて1ヶ月分計算するとなると結構時間がかかってしまう事になります。


最近ではタイムカードに代わってICカードや指紋認証、スマートフォンなどを利用してパスワードなどで出勤時刻や退勤時刻を記録する方法があります。

日本経済新聞に関する良い情報をご紹介するサイトです。

この方法の一番のメリットは時刻がデータ化されているために勤務時間を自動的に計算することができるのです。


毎日記録した時刻から計算するようにしておくと、勤怠管理にも利用することができるようになるのです。勤怠管理は残業時間も確認しなければなりません。

残業は何時間しても良いというわけではなく、就業規則などで上限が決まっているのが一般的です。

これは労働基準法にも定められているためです。


勤務時間が計算できると自動的に残業時間も計算することができます。
タイムカードという方法からICカードや指紋認証、スマートフォンなどの新しい機能が注目されています。



関連リンク

subpage01

タイムカードによる勤怠管理は時代遅れなのか

タイムカードによる勤怠管理は、今後は減っていくと予想されています。その理由として、クラウド上で簡単に勤怠管理ができるようになっていることがあげられます。...

more
subpage02

勤怠管理とタイムカードについて

勤怠管理というのは、会社や店舗などで働いている人の就労状況を見てわかるようにすることから始まります。一般的には出勤するべき日なのか休みの日なのかカレンダーがあり、出勤するべき日に何時に出勤して何時に退勤したか記録をする事になります。...

more