タイムレコーダーで勤務時間管理を行うコツとは

main-img

勤怠管理を行うため、タイムレコーダーを導入する会社が増えています。管理者や役職者は、社員の出勤状況や遅刻の有無を日々、チェックしなければなりませんが、特に、工場や広いオフィスを有する会社、変形勤務を導入している会社では、その全てを管理することは容易ではありません。



そこで、社員の出退勤の管理を目的として導入する企業が増えています。

また、それとともに、機材も進化を続けています。タイムレコーダーの主な役割は、社員の出退勤を管理することですが、さらに残業手当を正確に支給するため、出退勤データをエクセルに変換し出力する機能が付いているものも開発されています。


まさに、タイムレコーダーさえあれば、勤務時間管理だけでなく、給与事務も効率化が図れてしまうのです。

しかしながら、気をつけなければならない点もあります。例えば、タイムレコーダーへの記録時間は出勤と同時に行わなければなりませんが、ついつい忘れてしまって時間がズレると誤って残業代金を計算してしまうこともあります。


また、退出時に入力を忘れてしまうと、10時間以上残業したデータが残ることもあります。

そこで、社員にタイムレコーダーの使用方法をいかにしっかりと落とし込んでいくかが大切になります。



しかしながら、ただ単に正確に時間を記録するよう説明してもなかなか定着しません。

なぜ、勤務時間を正しく記録しなければならないのかを具体的に説明し、』社員に動機付けることが何よりのポイントです。

YOMIURI ONLINEならこちらのサイトがオススメです。

関連リンク

subpage01

タイムカードによる勤怠管理は時代遅れなのか

タイムカードによる勤怠管理は、今後は減っていくと予想されています。その理由として、クラウド上で簡単に勤怠管理ができるようになっていることがあげられます。...

more
subpage02

勤怠管理とタイムカードについて

勤怠管理というのは、会社や店舗などで働いている人の就労状況を見てわかるようにすることから始まります。一般的には出勤するべき日なのか休みの日なのかカレンダーがあり、出勤するべき日に何時に出勤して何時に退勤したか記録をする事になります。...

more