タイムレコーダーによる勤怠管理の今後

main-img

タイムレコーダーによる勤怠管理はもう古いという意見があります。


その理由の1つが、コストの削減です。

タイムレコーダーで記録されたタイムカードを集計・確認する作業には、100人規模の職場なら、2人で作業をしてもまる2日はかかるでしょう。その点、勤怠管理システムを導入すれば、ソフトを使って一瞬で集計できるため、人件費はほとんどかかりません。

また、人間の手による作業では、どうしてもミスが出るものですが、ソフトで計算をすれば、ミスが出る可能性はほとんどありません。
勤怠管理システムは、コストがかかると思われがちですが、クラウドの勤怠管理システムを導入すれば、月額200円程度の負担ですむこともあります。
また、勤怠管理システムは進化しており、生体認証システムを活用したものなど、不正打刻を防止できるように工夫がされています。
タイムレコーダーの場合、友人の分まで打刻して遅刻をごまかすといったように、不正打刻を防ぐことは難しいケースもあります。

メリットとデメリットを総合的に考慮しても、タイムレコーダーによる勤怠管理は、今後は勤怠管理システムにとってかわると予想されます。



勤怠管理システムの導入にはハードルもあります。

産経ニュースをあなたに紹介致します。

それは、経営者などの理解を得にくいということです。


経営者が必ずしも新しい技術に理解があるというわけではなく、勤怠管理システムの費用対効果に疑問を持つことも多いようです。

いかに経営者などを説得できるかがカギとなるのかもしれません。

勤怠管理に関連した情報が掲載されています。

関連リンク

subpage01

タイムレコーダーで勤務時間管理を行うコツとは

勤怠管理を行うため、タイムレコーダーを導入する会社が増えています。管理者や役職者は、社員の出勤状況や遅刻の有無を日々、チェックしなければなりませんが、特に、工場や広いオフィスを有する会社、変形勤務を導入している会社では、その全てを管理することは容易ではありません。...

more
subpage02

勤怠管理にもタイムレコーダー

勤怠管理は従業員ごとに勤務日数や時間数を計算する必要もあり、とても面倒な作業なのです。これまではタイムカードという紙製のカードに時刻を記録して、日々の時間数を計算して、1ヶ月分の集計をして勤務日数や時間数を計算する必要がありました。...

more